天運、人運

久々のブログの更新(笑)。

12月は忙しすぎたのと、それもあってブログを書く心境でもなかったです。

ビオマガジン(『アネモネ』に出版社)さんは、去年はヒット作を2本か何本か出されて天運、人運があるのだなと思った。

ヴォイスさんは、あいかわらずバシャール系が人気のよう(笑)。バシャールでもってゐるやうにも見えるがこれも天運、人運なのかもしれない。バシャールがあるからほかのことも冒険ができるのだらう。

ヒカルランドさんは、大量の本を毎月送り出し、体力がある。キャッチコピーのセンセーショナルさでがんばってゐる。石井社長は仕事人間的なイメージの人。これだけのことができるので能力プラス天運、人運があるのだらう。

うちは、今年はどこまでできるかな。
ラインナップはたくさんあるけれど、どれがヒットするか・・・
突出した本を出していきたい。

2 thoughts on “天運、人運”

  1. Selfless Self
    ヨーガ・ヴァシシュタ
    シュリ・アートマナンダ対話集
    ゾクチェン瞑想マニュアル

    これらは御社以外には出せない、かつ後世にも残る文化遺産だと思います。
    バシャールもいいですが、御社はあまり軽薄な一過性のものはやめて、重厚路線に走られたらどうでしょうか? ベストセラーにはならずともロングセラーになるのは間違いないでしょう

    1. ありがとうございます!

      下記の状況ですが(笑)、
      Selfless Self (編集が終盤で、まもなく刊行予定です)
      ヨーガ・ヴァシシュタ (編集中ですが、大部のため刊行は少し先になります)
      シュリ・アートマナンダ対話集 (翻訳中。サンスクリット語等も出てくるため、翻訳に時間が掛かっています)
      ゾクチェン瞑想マニュアル (編集はだいたい終って、著者の校正中。ちょっと時間が掛かっています。まもなく)

      しっかりしたいい本を今後も出していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です