本を出したい人

スピに限らずだと思ふが、本を出したい人たちがゐる。

さういふ人たちは熱心で、どんどん言い寄ってくる(笑)。

(こちらが断ると手のひらを返すやうな反応をしたりもする。みんなではないが)

私としては、普遍的なもので、後の世まで残るやうな本を出していきたい。

著者のエゴを満足するやうな本は出したくない。
なんの意味もない。

翻弄されたくない。

スピリチュアル・ビジネス?

スピリチュアルをビジネスにしている人たちがゐる。
と、かう書くと自分もそれに該当してしまふ。

違ふ表現をすると、
スピリチュアルをビジネス(金儲け)と見てビジネスしている人たちがゐる。
最初にお金がくる人たち。

(それとは違って、スピリチュアルを自己(エゴ)実現の手段としてゐる人たちもゐる。
引き寄せの法則等を使って。ここでは話がそれるのでこの話はこれ以上書かない。)

自分も、この業界でやっていけるかなと思ひつつやり続けてゐるが、
金儲けでやってゐるのだらうか?
お金がたくさん入ってくるにこしたことはないが、
金儲けの手段としてスピリチュアルを扱ひたくない。

スピリチュアルとはお金とは本来関係ないものだ(と思ふ)。

理想とするところのものの追求や伝へること。
崇高なるものを大事と思ふこと。
自分は下卑たものであっても。

赤の本が多い

今月の新刊は赤の本が多い。
何が起きても、それを愛する』『分離なきものの愛のうた』のカバーは赤い。
それから、月末に出す予定の復刊『エマヌエルの書』もやや赤い。
7月頭に出す『子育てママの四柱推命』も赤がメインだ。

6月(7月4日まで)は午月で、午は火の五行で赤を表してゐる。

今回出す本は、月の五行に合致してゐるのだ(笑)。

だうしたら

こんど出す新刊『分離なきものの愛のうた』はamazonの予約の段階でそんなにランクインしてゐない(苦)。

非二元(ノンデュアリティ)の本をこれまで出してきたし、これからも出していく予定。
それから、今後はチベット仏教、ボン教のゾクチェン(非二元で虹の身体を作っていく)の本も出す予定だし、中国の仙道(白日昇天=アセンション)の本も出していきたいと思ってゐる。

変な表現だが、ライフワークとしてそれらを人々に傳へていきたい。
基本は意識の目覚め(覚醒)だが、認識(意識)の変容と存在の変容と。

商売もしつつ(笑)、それらを並立させなくては。

ライフワークは、さういふことだが、自分自身が何もできないやうではだうしやうもないので、
自己修練もしていけたらと思ってゐる。
でも、年取って、さうとう耄碌してゐるので、どちらも難しいか(苦)。

だうしたら、みんなに傳はるのかな。

また、忙しさを脱出して己の道を行けるのかな。

電話は超苦手

会社に自分宛に電話が掛かってくることがある。
ほとんど会社にゐないので、電話を受けた人は今ゐません、と応えてくれるが、たまに折り返しを要求される方がゐる。
折り返しを要求されても、こちらは電話が苦手なのでできない(苦)。
担当者に(メールで)用件をお願いしますと伝えてもらう。

携帯に掛かってくる電話にも出ない。
留守電が入ってゐた場合、内容によって渋々掛け直す(苦)。

電話で話を聞いても頭に入らないし、だんだん聞いているうちに氣が遠くなるか、
要望(要求、なんくせ)が多くなってくると頭の容量が切れて(頭にきて)、携帯を何個壊してしまったことか。

電話以外にも人と話すのが苦手。