民主主義国家のロシアと対立する必要はあるのか

社会主義(共産主義)が崩壊し、自由と民主主義になったロシアに対して、なぜNATOが残ったのか。
共に自由と民主主義を分かち合うことはできなかったのか。
アメリカの陰部の何かが働いてゐるのか。

アメリカや自由主義国の対立相手はロシアではなく、中共や北朝鮮。

中共と北朝鮮、ベトナムなどの共産主義国(全体主義国)の体制を崩壊させることが一番重要なこと。

ロシアも勝手だ。自由主義国でありながら他国の主権を侵害するとは。

国家エゴで地球が滅ぶのか。

世も末。

大峠が叫ばれるのもむべなるかな(苦)。

稲盛和夫、ゴルバチョフの他界

最近、たて続いて稲盛和夫とゴルバチョフが他界した。

稲盛和夫氏に関しては、経営関係の本でいろいろ勉強になった。創業期は参考にさせてもらった本の中に入ってゐる。
経営哲学として学ぶところがあった。
京セラを大きくし、KDDIを作り、日本航空の建て直しをし、財団を作っていろいろな人を援助してきた。偉大な人。
瞑想等もされてゐたようで、純粋意識の力もうまく活用していたのかもしれない。

ゴルバチョフは、共産主義という名の全体主義をソ連だけでなく東ヨーロッパで終らせた功績は燦然たるものだ。自由と民主主義がロシアと東ヨーロッパにもたらされた。
それをエリツィンが引継いだが、保身のためにプーチンを使ったのがあだとなった。
清廉潔白な人はほぼゐないので、なんとかエリツィンが乗り切っていい人物を後継者にしてほしかった。
ロシアも自由と民主主義を堅持してほしい。

民主主義は衆愚政治になりやすく、民主主義国家はかなりやばい状態なのかもしれない。
日本も政治があまり機能してゐない。失われた30年。
先見性のある政策をしてこなかった。

電力はこの1年毎月値上がりしてゐるやうだが、発電に対する政策もなってゐない。
日本は火山国なのだから、地熱発電をもっと積極的にしたほうがいい。
潮流発電や洋上風力ももっと積極的にしたほうがいい。
放射能の出ない核融合発電もどんどん投資してもいい。
これからの人類に役立つことにどんどん投資してほしい。

統一教会と自民党

久しぶりの投稿(苦笑)。

統一教会と自民党の癒着の問題をマスコミ(?)はいろいろ言ってゐるが、
宗教と政治の関係というよりも、本質は、共産主義と自由主義をどう見るか、
共産主義(全体主義)から日本を守るためにはだうしたらよいか、
そのためには、統一教会の外郭団体の勝共連合や「世界日報」誌を活用する
という自民党議員の判断があってもいいと思ふ。
問題は、焦点は、自由を守るか、共産主義(全体主義)国家になるか、
どちらを選ぶのか、といふこと。

統一教会はいろいろ問題があるが、それを目を瞑っても(利用しても)自由主義国家を守るかどうか。

マスコミ(?)の矛先は筋違ひのところに向かってゐる。
マスコミがもともと左翼だからかもしれない。

霊感商法云々も、正当に霊的視点でアドバイスしてゐることまで排斥しようとするのはおかしい。
不当な金額で効果もないことをするのはよくない。
しかし、適正な金額で効果のあるものは必要なことだ。
なんでもかんでもマスコミが否定するのはよくないことだ。
霊的なことに理解のない弁護士も。

音は麻薬

なんか自分は音に弱いらしい。

以前はスピーカーにはまり、今はヴァイオリンにはまってゐる。

微妙な音の違ひに弱い。
極めたくなってしまふ。

オーディオにはまってゐる人たちはみんなさうなのかもしれない(苦)。

音の魔力とは何なのか。

音の魔力にひっかかったら抜けにくい(苦)。

悟りに出家も寺院もいらない

なぜブッダは、弟子を出家させたり寺を作ったりしたのかな。
悟り(覚醒)と出家や寺院は何の関係もない。
ブッダは道をあやまったか。
当時のインドの社会体制がそうだったからか。
弟子が勝手にやったのか。
でもブッダはそれを容認した・・・

すくなくとも今は僧や寺はいらない。教団もいらない。
普通の社会生活で悟り(覚醒)は得られるので。
これからは普通に覚醒していく時代。

『岩戸開き』に追ひつかない

このところ、毎日のやうに飲み会が続いてゐて、二日酔ひといふか頭がボーっとする日々が続いてゐる。

おかげさまで『岩戸開き』が好調で(今現在、amazon総合92位)、とてもありがたいと思ってゐます。

最初、酷評続きで(苦)、だうしたものかと思ってゐたが、後から好評のレビューも入ったりしたので、ちょっとほっとしてゐます。

自分の不健康で『岩戸開き』に追ひつけてゐない状態。

『岩戸開き』が世の中に革命的な影響をもたらしてくれたらと願ってゐるが、読者次第。

これから来るかもしれない「大峠」に向かって、読者の方々が真剣に向き合ってくれたら本望です。

『自由へのエニアグラム』

エニアグラムは、ウスペンスキーが書いた『奇跡を求めて』で40年前くらいに知ってゐたが、正確分類としてのエニアグラムについては関心が薄く、自分が9つのタイプのどれかについては知らないままにきてゐた。
自由へのエニアグラム』の本を読んで、自分が何のタイプかわかった(笑)。
自分は怒りのタイプの中間の9のやうだ。
時間が守られず、攻撃的であると同時に、やたらと攻撃的であるともいえないので。
最初8かなとも思ったけれど(8の可能性もある)。
9か8か・・・

新雑誌『岩戸開き』創刊!

いろいろな方のご要望もあり、新雑誌『岩戸開き』がおかげさまで創刊になりました!
ありがとうございます!

本質、本物、本格の情報の提供を目指してゐます。
どれだけ近づけるか・・・

これから起ると言はれてゐる「大峠」(天変地異)に対して、だう乗り越えてゆくか。
そのためには「身魂磨き」が重要とされてゐるが、それはだうしたらいいのか。
意識と社会の「岩戸」が開かれていくのか。

その辺の情報を伝へていけたら。

ここからは、今現在の個人的な見解。
天変地異を乗り越えていくには、グルジェフのいふ「不変の私」を確立する必要があるのではと思ふ。
環境に左右される「人間機械」から脱出するには、覚的主体たる〈私〉が確立してゐる必要がある。
それは覚醒しないと確立しない。

生老病死といふ相対世界から脱出するにも「覚的主体」を確立する必要がある。

覚醒してゐる人間のみが「大峠」を乗り越えてゆける、と言へよう。
かなり狭き門だ。

ある意味ではウクライナ情勢に左右されない「自己」の確立だ。

来年、再来年で人口がかなり減少するとも言はれてゐる。
一体、だうなるのか。

そのやうな事態に動じない「自己」の確立。

『メディカル・ミディアム』はすごい

メディカル・ミディアム』はすごい内容の本だ。
読んでゐて、びっくりの連続。
目からウロコ状態(笑)。

へー、そうなのか、と。

紹介されてゐるサプリも購入して(家族に)試したりしてゐる。

シリーズ本で、これからの本も楽しみ。

アメリカではベストセラーだが、日本でもベストセラーを狙いたい。
どれだけ日本人が受け入れてくれるか、お医者さんが柔軟に対応してくれるか。

ウエサク祭

5月の満月の日はウエサク祭とされる。
今年は5月16日(本日。正確には東京では昨日。まだ本日の地域もある)
スピ系(アセンション系)では一時流行ったが、今はあんまり見向きもされない。

個人的な出来事としてはあまりよいことがなかった日だったな。

アセンデッド・マスター系では、今月サナート・クマラの本を出した。
サナート・クマラ物語 -惑星ロゴスへの道-

今後、ヒラリオン、エル・モーリヤの本も出す予定。
(翻訳が終り、編集段階)

 

ウエサクの音楽をYoutubeで検索したが、あまりいいのがない(笑)
とりあえず、「Happy Wesak | Vesak Day Song 2022 | Peace of mind