コロナに有効なサプリ

ヤフーニュースで見たのだが、
「5-ALA」といふサプリがコロナに100%有効といふ。
記事

赤ワインや納豆にも含まれてゐる成分らしい。
最近、赤ワインをかなりの量飲んでゐるが、知らずしてコロナ対策をしてゐたのか(笑)。
赤ワインを1本飲んだくらいでは、量が足りないらしいが。
納豆も一時期、かなり食べてゐたときがあった(笑)。

早く市販化してほしい。

 

緊急事態宣言(ロックダウン)は、意味がないといふ記事もあった。
記事

自分の意見を裏付けるものでうれしい記事だ。

一刻も早く解除してほしい。

株価と景気

最近、株価が3万円台になったといふニュースを見た。

バブル期以来といふ。

その割には全然景気が良くない。

なぜ?

一部のIT系や医療系の会社が儲かってゐるのだらうか。

一般には関係ないところで株が上昇してゐる。

不思議な経済機構。

景気といへば個人的には全然景気がよくない。

他社みたいに売れる本を出してゐないといふこともあるが、

「超越者を感じることによって幸福感を得る」といふ大前提はあるにしても、

全然幸せを感じられてゐない。自己嫌悪の世界。

何の希望もない。

人生、仕事?が面白くない。

見極めてしまったからか?

苦痛な人生。

(ワードプレスも変に改悪になってゐるし)

グルジェフのアストラル体とゾクチェンの虹の体

グルジェフのいふ「アストラル体」(一般的なアストラル体ではなく、自己想起やその他のショックで結晶化され作られていく不死の体)と、ゾクチェンの修行の結果としてできる「虹の体」は同一のものだらうか?

ゾクチェンといふ非二元の修行(非二元の日常生活)をすることが何故、虹の体になるのか不思議ではあり、ずっと疑問に思ってゐたが、グルジェフのアストラル体の考え方を適用できそうな氣がする。
グルジェフの「第四の道」も非二元の道であると思ふので。

それらと仙道で白日昇天していくのとでは、違うのだらうか?
仙道では氣を巡らせることによって、錬精化氣、錬氣化神、錬神環虚、環虚合道の順に精妙になり最後に道(タオ)と合一化する。
錬神環虚、環虚合道の「神」とは仙道では意識のことだから、意識を超越した世界へともっていくあたりは、非二元と共通してゐる。
錬神環虚はグルジェフの高次感情センターの働き、環虚合道は高次思考センターの働きか。
精氣神は、動作・感情・思考の3センターか。
そして、陽神がアストラル体か。

それに関連するなら、密教の
身口意の三密加持は3センターの働きであり、即身成仏はアストラル体(虹の体)の形成なのかもしれない。

ニューエイジの「ライトボディ」も、虹の体であり、グルジェフの「アストラル体」なのかもしれない。

伝統的な行法で今でも有効性を残してゐるのはゾクチェンか・・・
仙道も若干では残ってゐる。数十年前まで白日昇天した人がゐるので。
Kan.さんあたりも体得してゐるのかもしれない。クンルン・ネイゴンも仙道系。
あとグルジェフの「第四の道」

グルジェフの自己知と通じるクリシュナムルティやラマナ・マハルシは虹の体が形成されてゐたのかな。

虹の体は、自分にとってまだ解明できてゐない。

重荷

仕事の負担が多いと重荷に感じる。
ストレスを感じる。

3月に出す新刊、トーシャ・シルバーの『それはあなたのお金じゃありません』では、重荷はエゴが感じるもので、重荷を神にゆだねたほうがいいと言ってゐる。

重荷に感じるのはエゴなのだ。
神に全部任せてしまえば、軽くなる(笑)。

イエス・キリストは「重荷を荷ってあげよう」と言はれた。
キリストに重荷に荷ってもらうのは恐縮だったり負担だったりもする。

イエス個人が重荷を荷うのではなく、超越した存在としてのキリスト?、神(超越者)とも等しい存在としてのキリストが、重荷を荷うのか。超越者にとっては重荷でもなんでもないのかもしれない。エゴだから重荷と思ふだけで。

とりあえず、重荷はお任せ人生にするか。
(仕事をしないといふ意味ではなく(笑)、心理的な負担を感じないという意味)

超越者の臨在による幸福は、高次感情センターを活性化する?

ヒルティの「神のそば近くにあることによる幸福」(超越者の臨在による幸福)は、グルジェフの高次感情センターを活性化するように感じる。

また、この幸福は、グルジェフの「結晶化」をもたらすようにも思はれる。磁力をもってゐる。
磁力センターが働くやうになる。

一瞥体験だけでは外面だけで、何度一瞥体験しても「結晶化」は起らず、内なる幸福が「結晶化」を生み出す。

日本で開発したコロナに有効な薬が海外で認証され

日本で開発したコロナに有効な薬が海外で認証されてゐるが、日本では認証されないとい不思議。

イギリスでは、先日、日本で開発した薬トシリズマブ(アクテムラ)がコロナでの死亡率が下がったという研究結果をもとに使ふように政府が推奨したとニュースにあった。

ナファモスタット(フサン)も、コロナ感染初期のウイルス侵入過程を阻止すると東大の研究があるが、日本政府は推奨してゐない。

去年の春頃、話題になったアビガンも承認されてゐない

日本で開発されたコロナに効く薬が海外では使用され、日本では認可されない。
なぜ?

日本のいろいろな大学(鹿児島大学や大阪大学など)が、コロナに有効な薬を見つけ出してゐるのに製品化までされてゐない。
政府がそれらへの研究費を出してもいず、開発を急がせもせず、何をしてゐるのかな。

飲食店つぶしをしてだうするのか。

薬の開発を第一優先にし、PCR検査を無料で全員に施して、陽性の人には入院なり自宅待機なりをしてもらえば、コロナは収束するのではないか。
飲食店は通常に営業してもらって、その分の助成金のお金をPCR検査の無料実施に充てればいいのでは。

トランプ VS. 影の政府 ?

今、スピ界では、トランプVS.影の政府(ディープ・ステート)で盛り上がってゐる。

今のアメリカのマスコミやSNSや民主党の反応をみれば、さうなのかとも肯んじたくもなる。

トランプは議事堂に侵入しろとは言ってゐないのに、なぜあそこまでトランプを弾劾するのだらうか?

ツイッターやフェイスブックは、言論の自由を封じた。自分たちの大統領の発言の機会を消した。
たしかにただの民間企業だから何をしてもいいけれど、あそこまで大きく公共的な発信の場になってしまったのだから発信の自由は保証してもいいのではないか。

弊社のブログへの書き込みで変なことを書かれたら削除するけれど(笑)、それとは規模や公共性が異なる。

選挙に不正があったと言われたならば調べればいいのに、裁判官は調べもしないで却下といふのは一体だうしてなのか。不可解。

何かが恣意的に働いてゐるのか。

トランプ応援側も、正しい情報を伝えてゐない。
誰かが捕まったとか言っても、捕まっていなかったりする。

トランプが勝つと言ってゐるが、だうなるか見守るしかない。

20時までの飲食店の営業でコロナはおさまる?

コロナが増えた原因は飲食店が原因のやうな言い方を行政やマスコミはしてゐるが、それは本当なのか?
今まで22時までの時短営業してもコロナは減らなかったが、20時に時短しても減らないのではないか。
意味ないと思ふ。
これでコロナが減るやうであれば効果があったと言へるが見ものだ。

必要なのは全員に(無料で?)PCR検査をして、陽性の人は2週間自宅で休むか発病した人は入院する形にすれば収束するのではないかと思ふ。
あとは特効薬を開発することを急ぐこと。大学の研究機関では特効薬がほぼ見えてきてゐるやうなので。

アメリカ1日で20万人、イギリスは1日5万人、日本は1日5000人。
他の国に比べれば日本はあまり感染していない。

イエスも虹の身体になった?

チベットのゾクチェン修行者は、死ぬときにテントに入り7日間のうちにだんだん肉体が小さくなり、最後には髪と爪を残して消えてゆき「虹の身体」(レインボーボディ)になるといふ。

イエスも洞窟の中で3日間の間に身体が気化していき、「虹の身体」になったのかもしれない。
そのとき髪と爪が残ってゐたかは定かではないが。

「虹の身体」説ではなく、肉体が蘇生して一時的に動かし、その後に肉体を埋めたという説もあるが・・・