マンボウ

マンボウ(「まん延防止等重点措置」なぜ「まん」を漢字にしない?文化レベルの低さ)が12日から東京にも発令されるという(三鷹や昭島は対象外らしい)。

もういい加減にしてほしいと思ふ。
都民の大多数がその措置に賛成してゐないと思ふ。
飲食店が20時までといふのも無意味。
一律の飲食店への助成金も税金の有効な使い方ではないと思ふ。
飲食店が体温検査や消毒や距離を置いた席の対処をしていれば感染のリスクはかなり下がり、20時と限定する必要はない。

イベルメクチンその他、コロナに効く薬が何種類もあるのに、厚生労働省は認可をしない。
コロナに効く薬を開発している研究所にお金をもっと投入したほうがいい。
大学の研究所には予算がまわらず研究がなかなか進められないという。
医療現場では、実際にはイベルメクチン等が使われているのかもしれない。
イベルメクチンで重症化もしにくいようだし、数日で治るようだ。
ワクチンの必要はない。ワクチンの金額よりもイベルメクチンはかなり安いそうだ。

重症者も50人くらいで医療崩壊って変。
マンボウなんかしないで医療の強化をしっかりしてほしい。

今回は、厚生労働省に人を得てゐないのかもしれない。
「専門家による基本的対処方針分科会」にも人を得てゐないのだらう。

大部分の人が治っているのに、政府やマスコミが不安をつのらせる必要もない。
不安をつのらせるのは何か意味があってやってゐるのか。

多くの都民や国民は、政府の対策にはもう何も期待してゐないかもしれない。

上記の見解は僕のエゴだ。
政府も都政も専門家もエゴだ。
憲法も法律もエゴ。

エゴのレベルの見方と神(超越者)のレベルの見方

人とのじかでの対応で、相手の反応で不愉快な感情を持つことがあるが、これはエゴのレベルでの反応。
神(超越者)のレベルでは、何をされても平気。気に留めない。
イエスは『聖書』で7の70倍ゆるしなさい、と言はれた。
エゴレベルでの対応を超えるために、7の70倍ゆるしが必要なのだ。
そうなったとき、神のレベルでの対応が可能になるのだらう。
『奇跡のコース』でも聖霊によるゆるしを説く。
エゴはゆるさないが、神(聖霊)はゆるす。

人とのじかでの対応はさうだが、世界に対してはだうか。
政府や都政の愚作に怒りや不快感をもつが、そして世界のあちこちで起っている人間への弾圧に、それこそ憤りと不快の念をもつが、それはエゴの見方。
どんなにこちらの判断が正しかろうとそれはエゴ。
あらゆる判断はエゴ。
頭の中での決めごとでしかない。
神のレベルで世界を見るとき、だう見えるのか。
ラマナ・マハルシは「世界のことは世界に任せなさい」と言はれた。
判断を交えず、覚醒(超越者)の視点で見るしかないのか。

世界のこと

中共のウイグル自治区以外にもミャンマーやシリア、アフリカ、北朝鮮等、なぜ人は人を虐待し殺し合うのか。

日本の政府の愚政なんかはまだ甘くゆるせる範囲だ。少なくとも人々の人権や自由を侵害してゐない。
上記の国々は人権や生命の価値を重んじてゐない。
だうしてなのか。
心がないのだと思ふ。

共産主義や原理主義や武器商人(を支援してゐる国)が絡んでゐるのだらう。

主義や利益追求をすると心を失ふ。

 

世界全体から見るとまだよくなってゐない。

新疆ウイグル自治区

中共が新疆ウイグル自治区へ弾圧をしてゐる。
中共は今までものすごい数の人々を弾圧し殺してきた。
日本政府は猛烈に抗議すべきた。
なんなのだらう、日本政府の人権に対する甘さは。
アメリカやヨーロッパと同調して中共に制裁をしたほうがよい。

世界のことは幻想なのだらうが、幻想の中でやれることはやろう。

無条件の幸福(無条件の悲しみ)の中で中共をなんとかしなくては。
北朝鮮も。

新疆ウイグル自治区はチベット同様、独立してほしい。
他の自治区も独立国になってほしい。

国連も中共が入ってゐる限り機能しない。

中共も北朝鮮もエゴのかたまり。

無条件の幸福

無条件の愛ならぬ、無条件の幸福。
無条件降伏ならぬ(笑)、無条件の幸福。

まだ何も考察できてゐないが、覚醒(超越者の認識)時の幸福は無条件のものだ。
何を得たから幸せとか、何になったから幸せとか、何をされたから悲しい、悔しい、頭にくるとかではなく、いつでも無条件に幸せ。

あるひは、無条件の悲しみか。それが慈悲なのか。

これからの時代は、「無条件の幸福」がキーワードになるのかな。
(と勝手に思ふ、笑)
「無条件の幸福」は、「覚醒・悟り」とワンセットではあるが。

なんなのか

結局、なんなのかわからない。
いったい、何をやってゐるのだらう。

『100年の孤独』といふ小説だったかななんだったかがあったが、138億年の孤独。
かたや超越者(根底者)を感じることによる幸せ喜び、かたや138億年の孤独。
なんなのだらう、すべての無意味感。
結局、この宇宙とはむなしいものなのか。
生きてむなしく、死んでむなしい。
生きる希望もなく、死ぬ希望もない。
永遠の牢獄か。
超越者も孤独なのか。

単にそのむなしさは、日々の挫折感が宇宙にまで広げてゐるに過ぎないのか。

シューベルトと内なる幸福

シューベルトの曲には「内なる幸福」を表現してゐる曲が多いやうに感じる。
こんこんと内側から喜びが出てくる。

前にも紹介したかもしれないが、
Clara-Jumi KangのSchubert: Fantasia for Violin and Piano in C major D. 934

同じ曲の個性的なイザベル・ファウストのもの(画像が曲に全然合ってゐないが、苦)

弦楽五重奏曲の「鱒」も、喜びがこんこんと湧き上がってくる曲。

ピアノ・ソナタにしても、とめどのなく内側から何かが出てくる。
リヒテル演奏の
ピアノ・ソナタ 第13番
ピアノ・ソナタ 第21番

霊感なのだらうか。

シューベルトは若くしてなくなったが、たくさんの曲を作曲してゐる。
次から次と曲が降ってくる? 湧いてきてゐたのかな。
いつも内なる喜びで溢れてゐたのか。

外なる覚醒、内なる幸福

覚醒といふのは外に対応してゐる。ワンネス(一体観)にしても超越者の認識にしても感覚的なものであり、また自己知(自己認識)にしても自己といふ対象(外)に対する感覚だ。

超越者の認識、臨在、照明からくる幸福感は、内から湧き起こる。

悟り、覚醒系で「内なる幸福」をメインで言ってゐる人や本をあまり見かけない。
ゐるのかもしれないけれど調査不足なのかな。
ヒルティくらい?
至福の聖者とかもさういふ人達か。
聖者でなくて、覚醒してゐる普通の人で、内なる幸福を語ってゐる本とかあるのかな。

ゾクチェンや虹の体についての本(ついでにチベット仏教の本も)を日本でも伝へやうとしてゐるが、「内なる幸福」についての本もあれば伝へたい(笑)。

内なる幸福は、外的にどんなにつらい状況でも成り立つ。
涙が出る幸福。
怒りや憎しみとは共存できない。

緊急事態宣言 延期?

緊急事態宣言が2週間延期されるといふ。

新型コロナとその蔓延については、飲食店と相関関係はないと個人的には思ってゐるけれど、3度目の延長ってだうなのだらう。

医療機関の体勢の問題だといふ。
医療機関が何の改善をしたといふにだらう。
現場でない医者は文句ばっかりいふ。

飲食店のせいにするな、といひたい。

もっと医療機関の整備をすればいいのでは。
政府もその方向に力を入れたら?

今回の新型コロナも風邪と同じコロナウィルスといふではないか。
効果的な薬(orサプリ)もたくさん出てゐるといふではないか。

即刻、緊急事態宣言を解除してもらいたい。

こんなことを言へば、中国では監獄に入れられ、北朝鮮では命も危うい。
日本や自由主義國だからいへることだが。
ありがたいことだ。

菅さんもがんばってゐると思ふ。
なんでみんな批判ばかりいふのだらう。

超越意識とエゴの意識

非二元の超越意識(ヒルティの神のそば近くにゐる意識)とエゴの意識の間で揺れ動く。行き来する。
すぐにエゴの意識、妄想の意識になる。
そして不快感を表現する。

グルジェフは、「不快感の表現をやめること」を「不変の私」を作ってゆく上で大切なワークと言ってゐた。
非二元の超越意識状態のときは、不快感の表現をやめてゐる状態になる。幸せな感情に満たされ、すべてに対して愛とゆるしの状態になる。

その辺がワーク(修練)だな。
ヒルティのやうに常に神(超越者)のそば近くにゐやうとする努力。