世の中から乖離してゐる

うちから出してゐる本は、世の中の趨勢からは乖離してゐるやうだ。

つまり、全然売れないといふこと(苦)。

ライト系の読みやすくお手軽なものがうけてゐる。
あと、神道よりのもの。

自分自身がライト系が得意でないといふ面があるが、まう世の中から取り残されてゐる。
本を出せば出すほど売れない。

ピンチ。

世の中のことが全然わからない。

けふの1曲。
Clara-Jumi KangとYeol Eum Sonによるシューベルトの『ヴァイオリンとピアノのための幻想曲 ハ長調 D934』
なんとなくいい。
何回でも聴いていたい曲。
ストラディバリウスの音色もいい。

2 thoughts on “世の中から乖離してゐる”

  1. 前回ken wilberについてコメントさせていただきましたyoshiです。
    素朴な疑問なんですが、David Hawkins博士のパワーかフォースか、真実と主観性の二冊は翻訳されたのに、二冊目のTHE EYE OF THE Iは翻訳するご予定はあるのでしょうか?ホーキンズ博士の本は原本全て所持していますが、この本は何度も読み返し、素晴らしい洞察がたくさんあり、ホーキンズ博士の初期3部作なので、この本だけ翻訳されないのはすごく惜しいなと思います。
    僕は英語が得意なので、様々な覚者の非二元の本を原本と翻訳と見比べながら読むのが好きなのですが、まだまだ日本の人にも読まれるいいなと思う本がたくさんあります。rupart spiraの 最新のエッセイ本もTHE NATURE OF CONSCIOUSNESSは彼の最高傑作だと思いますし、日本の人にももっと知ってもらいたいと思っています。rupartの著作は日本語にすると翻訳のニュアンスの言葉の綾というか、良さが消えてしまうという難点があるのはすごく痛感しています。ナチュラルスピリットさんのプレゼンスシリーズももちろん購入させていただきました。rupartの師のfrancis lucille のthe
    perfume of silenceもrupart編集なだけあってすごく内容が濃い素晴らしい本だと思います。もし翻訳候補の本がないならこの3冊がすごく読みたいです。
    本当は出版社としては、ヘイト本や愛国的な内容の本を出すのが現代のビジネスの簡単に売れる本の趨勢なのでしょうが、硬派な霊性本をたくさん出版しているナチュラルスピリットさんの存在意義はとても大きなものだと思っています。ラマナとニサルガダッタの本を日本に出版された意義はそれこそ、いくら言葉に尽くしても説明できないくらい今井社長に感謝しています。
    これからも微力ながらですが、ナチュラルスピリットさんの本を買い続けます。

    1. コメント、出してほしい本、ありがとうございます。
      ホーキンス博士の本は、後期のものを2冊刊行予定でいます。
      “THE EYE OF THE I”も出せたらいいのですが、その2冊のあとかもしれまえん。すみません。

      “THE NATURE OF CONSCIOUSNESS”
      “The perfume of silence”
      もよさそうですね。
      タイミングがあれば出せればと思ひます。

      いい本を出していきたい。
      人々の意識を変容させる本、世の中を変革する本を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です