「私は悟った」は悟ってゐない

ノンデュアリティの先生も言はれてゐるが、「私は悟った」というふ人は悟ってゐない。
「私」がある限り、それは悟りではない。
「私」がいなくなったときのありやうが「悟り(覚醒)」。
ただ、その先生曰く、「私」がゐるのもまた悟りの様相なのだ、と。すべてが悟りの様相なので、どのやうなことも悟りなのだ。悟り(純粋意識)でないものはない。

煩悩即菩提。
山川草木悉有仏性。

「私は悟った」という誤解意識も、悟りの様相。

けふの1曲。
前に違ふ演奏家のもので紹介したが、今回は日本の演奏家、漆原啓子さんのヴィターリの「シャコンヌ」

One thought on “「私は悟った」は悟ってゐない”

  1. 衆生本来仏なり(白隠禅師)という意味ではその通りだと思います。
    ただ、自分が何かの神秘体験をして、「私は」ついに悟ったのだと
    思い込んでしまう事例がありますよね。

    YouTubeには、「私は悟りを開き、ブッダになりました」と堂々と
    喧伝している人もいます。
    だけど、やっぱり、本当に悟った人は、自分から「私は悟っている」とは言わない気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です